本を読む男性

レビトラと注意点

注意する女性

医薬品の特徴は人それぞれ効き目やその感じ方が異なる様に、副作用も同様であると言っていいでしょう。薬剤の力が発揮された証拠でもある副作用ですが、その症状について知識を身につけ理解した上で服用する事をお勧めします。

レビトラの副作用として確認されているものとしては、顔のほてり・目の充血・頭痛・動機・鼻づまりなどがあります。特に顔のほてりや目の充血は現れやすい副作用で、多くの服用者が体験しています。こうした軽度の副作用は、レビトラの血管拡張作用によって引き起こされています。副作用というと心配になることも多いものですが、これらは人体に大きな影響を与えるものではなく、薬が効いてきた証拠だと気にしていない服用者がほとんどです。頭痛が気になることもありますが、市販の頭痛薬を併用しても問題はないとされています。

前述した副作用は、多くの人が体験する軽度な副作用です。これら以外にも、いくつか確認されている副作用があります。たとえば消化不良や光に対する過敏症、下痢、背部痛などがあげられます。こうした副作用は4〜6時間程度で治まることが多いのですが、場合によってはそれ以上続くこともあります。もし長く続くようであれば、医師に相談してみましょう。体質によってはレビトラが合わないケースもあるため、他のED治療薬を試してみることも大切です。

レビトラを服用する場合、基本的には水で飲むことになりますが、お茶やお酒、ジュースで飲んでも問題はないとされています。薬によってはアルコールなどで服用すると薬の効果が強まったり逆に弱まったりするケースもありますが、レビトラではそういった効果は認められていません。少量のお酒であればリラックス効果が得られるため、ED改善に関してはむしろいい効果があるともいわれています。ただし、過度な飲酒は危険であるため注意が必要です。